ついつい怠ってしまう美容の手入れ

私にとって、このままではいけないと思っていながらも、つい手を抜きがちなことといえば美容の対策です。

社会人なのでマナーとして毎日化粧はきちんとするようにしてますが、コスメにこだわって長時間かけてメイクするなんてことはなく、ついワンパターンで時短で済ませやすいメイクをすることが多いです。

美意識が高い同僚はメイクのバリエーションが多かったり、服や季節に応じて結構メイクを変えることが多いので、感心します。

普段美容に手を抜いていると、いざ気合を入れたい時困ることって結構多いものです。

手の込んだメイクをしようとしても、普段からやり慣れていないのでどことなく不自然な印象になったりしますし、メイクが命だった女子大生の頃と比べるとかなり化粧の腕が落ちている気がする今日このごろです。

ダイエットは、私の場合は夏直前になって、慌ててスタートすることが多いですが、あまり成果が出ないまま今年の夏も終わってしまいました。

最近は恋人が居ないということもあって、美容へのモチベーション維持が結構難しくて悩んでいます。

やはり美意識を高く保つためには、人から見られる機会を増やしたり、気になる異性の存在を持つというのは結構大事なのかもしれないと思ってます。

この前、久しぶりにお風呂で一生懸命時間を割いて、スクラブで丁寧に角質ケアをしましたが、あまりにも手入れのスパンが空きすぎていたのか、非常にゴッソリ角質が大量に取れて唖然としました。

角質を取り切った後は本当に肌の手触りが生まれ変わったかのようにスベスベになったので、定期的にスクラブする必要があると反省しました。