脱毛意識の違いと変化

ムダ毛の気になり方は国によって違うのかもしれません。

白人の女性は腕の毛は金髪であまり目立たないので剃らないと聞いたことがありますし、中国ではワキの毛を剃らないのが普通だと思う方もいるそうです。

そういったことを聞くと、日本は比較的「脱毛意識」は高い方なのかなと思います。

露出している部分に長いムダ毛が生えている女性は本当に少ないと思いますし、見えない部分やデリケートゾーンまで脱毛するのが当たり前という方も多いと思います。

それに20年前よりも脱毛意識はかなり上がっていると思います。

親の同意があれば10代のうちから脱毛サロンに通えるということもありますし、脱毛専門のサロンもどんどん増えてきています。

これから先10年後や20年後は、一体「脱毛」に関してどのような変化が起こるでしょうか。

今の脱毛の機械が進化して、1回の施術で永久脱毛できるようになったり、家で自分で簡単に永久脱毛ができる機械が発売されたりするといいなと思います。

家庭用の脱毛器は今でも売っていますが、効果はイマイチだと感じます。

やはりサロンで施術するのが1番効果があると思ってしまいますし、家庭用の脱毛器は1万円以上するものもあるので、今のサロンだったら小さい範囲の脱毛はできるのではないでしょうか。

料金はサロンによって違いますが、料金の安さを売りにしているところだと、洋服を買うかのような値段でできてしまうところもあるので驚きます。

それで料金の高いところと同等の効果があったらこんなに得なことはありません。